コンテンツへスキップ

溶剤インクジェット

    印刷:溶剤インクジェットプリンター

    優れた耐候性・耐摩擦性で屋外広告に最適

    設備

    Mimaki CJV30-130

    高解像度と3つのバリアブルドットにより粒状感のない高画質な印刷が可能です。屋外での使用を想定し、耐候性と耐摩擦性に優れたインクを使用。大判対応のプリントとカットを同時に行い、シールやラベルなどの手軽なものから、A0ポスター、大型サイン、車両マーキングまで、様々なアイディアを実現できます。

    〈主な仕様〉

    最大作図幅:1,361 mm
    最大メディア幅:100 ~ 1,371 mm
    解像度:最大1,440 dpi

    溶剤インクジェットプリンター(カッティングプロッタ)の写真
    カッティングプロッタのヘッド部分

    特徴

    屋外使用に最適なソルベントインク

    ソルベントインクは、色あせや摩擦による劣化がしにくく美しさが長持ちするのが特長。速乾性でPVC塩ビシートなどインクジェット受理層のないメディアにも直接印刷が可能なため、コストパフォーマンスにも優れています。

    ソルベントインクを使ってカーラッピングを施した自動車の画像

    カッター搭載で小ロットのシールなどに対応

    プリンター本体に搭載されたカッターで、ご希望の抜き型に合わせたカットが可能です。小ロットのシールやステッカー作成などに最適です。

    カッティングプロッタでシール台紙に印刷とカットを施した様子

    ハイスピード印刷を実現

    速乾性インクに加え、双方向プリントにより安定的かつ高速での高画質印刷を実現。ダブルカートリッジ自動切り替え機能により長時間連続の運転も可能で、納期短縮に貢献します。

    溶剤インクジェットプリンターのインクタンクの写真