コンテンツへスキップ

UVインクジェット

    印刷:UVインクジェットプリンター

    2.5Dの半立体印刷で、触りたくなる印刷を実現

    設備

    Mimaki JFX200-2513 EX

    2.5Dプリントも可能な大判フラットヘッドインクジェットプリンター。

    水や光に強い速乾性のUVインクで、室内壁紙から屋外広告看板まで幅広く利用できます。紙やフィルムのみならず、木材、布、スチロールなど多様なメディアに対応。凹凸や厚みのあるメディアや、特殊な形状のメディアにも印刷が可能です。

    〈主な仕様〉

    メディア厚:最大 50 mm
    メディアサイズ:2,500 × 1,300 mm
    解像度:最大 1200 × 1200 dpi
    インク:LED-UV硬化型インク(4色(CMYK)+白+クリア)

    メーカーの商品紹介ページはこちら

    UVインクジェットプリンターの写真
    UVインクジェットプリンターでメッシュターポリンに印刷を施している様子

    特徴

    滑らかな2.5D積層印刷で、触りたくなる意匠を実現

    UVインクジェットの特徴である2.5D(半立体)積層印刷をより高度に表現。視覚への訴求性を高め「触ってみたい」と見る人の好奇心を刺激します。

    UVインクジェットプリンターでインクを重ね塗りして半立体的にしたアートパネルの画像

    どんなメディアにも高画質で印刷

    バンディングや色ムラを効果的に抑制し、緻密な高画質表現が可能。

    プライマー処理によりメディアを選ばずインクが定着しやすいため、インテリアやファブリック、ファインアート等にもご利用いただけます。

    UVインクジェットプリンターで出力した屋外バナーの画像

    インクの使い分けでさらに表現が多彩に

    通常の4色に加え、光沢感を演出するクリアインクと、メディアの色の干渉を抑えるホワイトインクを活用し、幅広い表現を実現します。

    乾くと伸縮性が出るインクのため、布や革にプリントしても、折り曲げや摩擦による剥落や色落ちがほとんどありません。

    様々な種類の革の表面にアニマルプリントを施した見本用のサンプルの画像