コンテンツへスキップ

新設備導入のお知らせ

    新しいフィルムセッターを導入しました

    Kodak TRENDSETTER Q800

    出力の安定性・正確性が高くエラーが少ないため、再出力によるロスが減少し、作業時間の短縮につながります。

    また、従来機種に比べて電力消費量が43%低下。環境負荷の削減にも貢献できます。

    〈主な仕様〉

    対応サイズ:最大838×1,143mm
    (弊社取り扱いフィルムの最大サイズ838×1,123mm)
    解像度:2,400/1,200 dpi
    スクリーン線数:最大450lpi

    メーカーの商品紹介ページはこちら

    フィルムセッターの写真

    三菱製紙 TRF-IR830

    設備の変更に伴い、フィルムを三菱製紙「TRF-IR830」に変更いたします。

    これまで使用していたフィルムは「摩擦で傷つきやすい」という弱みがあり、納品時や保管時に膜面が削れてしまうなど、ご迷惑をお掛けすることもありました…

    新しいフィルムの最大の特徴は、摩擦による傷がつきにくいこと。さらに環境性能や印刷精度も高いフィルムです!

    〈主な特徴〉
    • 摩擦などによる傷がつきにくく、汚れにも強い
    • アルコール性のクリーナーも使用できる
    • 処理薬品を使用しないドライタイプ
    • 出力時にデブリ(レーザーの削りかす)や排気ガスがほとんど発生しない
    • 高画質・高精度・出力の安定性に優れる
    • 最大印刷濃度は4.0〜3.5(注:紫外線光に対する数値)
      ※従来フィルムでは同3.7〜3.5
    新しいフィルムの写真

    当面は従来のフィルムでの出力も承りますが、徐々に新フィルムへ切り替えていく予定です。

    お客様には、出力時の調整など少々お手間をお掛けいたしまして恐縮ですが、何卒ご理解のほど宜しくお願いいたします。

    2022年8月5日
    有限会社加瀬澤製版 製版部門

    搬入の様子

    新しい機械が到着。従来のフィルム セッターと入れ替えます。
    クレーンを使って、慎重にトラックから下ろします。
    非常に重い機械なので、運ぶのは大変…
    搬入が完了しました!